三井住友VISAカード

その神は、恐ろしい

だから頼りになる。

三宝荒神


厨子付ですぐに家に安置できる


大いなる富貴をもたらす


清祓および開運祈願のうえお届けします



金銭融通の神

開成皇子が三宝荒神を祀った勝尾寺(画像:Jnn)

三宝荒神は日本特有の神で、その強烈な威力のため連綿と信仰されてきました。不浄を許さない厳しさを持つことから、火で清浄が保たれる竈(かまど)に祀られ、かまどの神、火の神として知られます。三宝荒神は人々を災いから守り、金銭を融通してくれる力強い神として家の守護神になってきました。祀る人を攻撃する悪人には、厳しい罰を下すといわれています。

三宝荒神は飛鳥時代から奈良時代にかけて役行者(634701)が感得したのが最初と言われます。その後772年(宝亀3年)2月に光仁天皇の子・開成皇子が箕面の勝尾寺で修行していたとき、三宝荒神は体長3メートルの鬼神の姿で夢に現れ、多数の眷属とともに暴れ回りました。皇子は驚き、自ら尊影を模刻し守護神として祀りました。そうしたところ人々を守る善神となり、爾来一千数百年、勝尾寺や京都・護浄院で多くの人の信仰を集めてきました。

同じく8世紀の東大寺大仏殿建立のとき、多数の死傷者が出て悩まれていた聖武天皇は「荒神を祀れ」というお告げをお聞きになりました。良弁僧正に命じて笠山で七日七夜の祈願を行わせたところ、7日目に三宝荒神が姿を現しました。良弁がその姿を書き写して丁重に祀ると、全国から怒涛のように寄進が集まり、大仏殿は無事建立されました。

弘法大師空海

高野山金剛峯寺
高野山金剛峯寺(画像:663ハイランド)

816年(弘仁7年)、弘法大師空海が高野山を開くため地鎮の法を修法していたとき、にわかに天地が振動し、東の方より黒雲たなびき異形の鬼神が現れ、さまざまな妨害を行ってきました。空海が「汝は何者ぞ」と問うと、鬼神は「我は荒神ヶ岳に住む神である。九億の眷属を不信心の家に遣わし七難を引き起こすことができる。しかし自分を祀るならば、一切の障害を消滅させあらゆる願いを叶えてやろう。七難即滅七福即生が我の第一の誓願である。自分を祀れば必ず大願成就する」と告げました。そこで空海は三宝荒神の姿を描いて本尊とし、荒神供の修法を執り行い、立里荒神として祀りました。高野山の伽藍は無事建立され、空海は以後生涯に亘って毎月のように立里荒神に参拝したといいます。空海の後を継いだ真然僧正をはじめ代々の高僧も立里荒神を参拝し、あらゆる願いを叶えたと伝わっています。現在でも立里荒神は、山奥にもかかわらず多くの参拝者で賑わっています。

日本でもっとも有名な三宝荒神の寺である兵庫県宝塚市の清荒神清澄寺は、896年(寛平8年)に宇多天皇の発願により勅願寺として建立されました。開基にあたって招かれた益信僧都が三宝荒神を祀り加護を祈ったところ、社前にあった榊の木に御影が現れました。この霊験を聞かれた宇多天皇はたいへん感銘され「日本第一清荒神」の称号を下賜されています。戦国時代に清澄寺は織田信長と荒木村重の合戦に巻き込まれて炎上しますが、三宝荒神を祀った社だけが戦災を免れ、その威力の凄まじさを立証しました。

1090年(寛治4年)、三宝荒神は白河法皇の前に出現しています。熊野参拝の途上、和歌山県橋本市にある観音寺を行幸された法皇は、寺が荒廃しているのを見て隆盛を願って一心に祈念されました。すると突如巽(たつみ)の方角が明るくなり、近づくと目も眩むほどの光を放っている鬼神がいました。法皇が「何者か」と問われると、鬼神は「我は三宝を衛護する荒神なり、叡慮に応え奉りて当地を守護せん」と答えました。法皇はさっそく奈良の仏師に御神体を刻ませ、祠を設けて祀らせました。現在でも光三宝荒神として篤く信仰され、毎年9月の献灯祭は幻想的として有名です。

横浜市にある曹洞宗の大本山・總持寺は三宝荒神を守護神として祀っていて、毎朝荒神諷経(こうじんふぎん)という法要が行われています。入学成就、家内安全などの祈祷は三宝荒神を祀った三宝殿で行われ、たいへん効果があると好評です。



力こそ本質

三宝荒神については諸説があります。その信仰は密教、神道、陰陽道、山岳信仰などが習合したもので、非常に日本的です。空海が書いたとされる「三宝荒神祭文」は本地を文殊菩薩としていますが、阿弥陀如来や不動明王とする説もありますし、日天の眷属の剣婆と同一とする説もあります。日蓮聖人は、三宝荒神は十羅刹女であり、法華経を信じる人の守護神になると説いたと御義口伝にあります。神道では奥津彦命、奥津姫命、火産霊神などであるとしています。

共通するのは、三宝荒神が凄まじい力を持った力の神だという認識です。その力ゆえに、三宝荒神は千年以上人々から篤く信仰されてきたのです。「力」こそが、三宝荒神の本質といえましょう。

三宝荒神を守護神として祀ることは、関西を中心に広く行われてきました。ご自宅に安置すれば、三宝荒神はあなた様を守り、害をなす者を滅ぼし、大いなる金運をもたらすことでしょう。ぜひこの機会にどうぞ。




祀り方は簡単。安置して手を合わせるだけ!


像高:72mm 材質:錫 厨子高さ:約140mm

■三宝荒神(厨子付) KJ-380
 単価 16200円 購入数


 

  



お支払いは便利な代金引換で!(手数料弊社負担)
配送等のご案内

お問い合わせはお気軽に 03−3320−7722 までお電話ください



他の仏像

三面大黒天

高野山伝燈大阿闍梨
菅澤照真師開眼入魂
一寸不動明王

一寸不動明王



三宝荒神